スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンウェー海兵隊司令官 グアム移転の遅れ示唆(産経新聞)

コンウェー海兵隊司令官 グアム移転の遅れ示唆(産経新聞)

 【ワシントン=有元隆志】米海兵隊トップのコンウェー司令官は15日、国防総省で記者会見し、日本政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関して、移設先の結論を先送りしたことについて「それが彼らの結論ならば、残念なことだ」と述べるとともに、沖縄に駐留する海兵隊8千人のグアム移転が遅れる可能性を指摘した。

 コンウェー司令官は2014年に在沖縄海兵隊のグアム移転を完了するとの日米間の合意について、「現時点での遅れは、(移転完了の)期日に疑問を増すものだ」と語った。

 そのうえで、「普天間の代替施設は地域全体の防衛に不可欠だ。人口密集地から、(宜野湾市よりも)人口がまばらな地域に移す必要があるということで(移設の)計画に合意した」と述べ、現行計画通りキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)への移設を進めることの意義を強調した。

 クローリー国務次官補(広報担当)も15日の記者会見で、「日本政府との協議を継続する」としたものの、「(普天間移設を決めた)在日米軍再編のロードマップ(行程表)が最善の方法だ」と述べた。

 同氏は「日本にとって複雑な問題だ」と理解を示しながらも、日米同盟を維持するうえで沖縄に米軍が存在することの重要性を訴えた。

 移設先に関して対応を決めていない日本政府の姿勢については、「日本側はもう少し時間をかけたいとしており、協力したい」と語った。

金の成る木
quruli_nishiogiのブログ
クレジットカード現金化 即日
ライブチャット
パチンコ攻略
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

kjsxi9ioqtj0nvg3

Author:kjsxi9ioqtj0nvg3
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。